ゲームモード

 

クイックプレイ外モード

プリズナーレスキュー

NEW UBISOFT『RAINBOW SIX: SIEGE』に似たモード

誰も置き去りにするな。捕虜を見つけて生きて脱出させるか、彼らを全力で守り抜け。リスポーンなし。チーム蘇生有効。

リスポーン無しだがチームメイトによる蘇生はあるため、サーチ・アンド・デストロイのように戦略性が高く、かつ気楽に楽しめる。
前線を上げてから捕虜救出するのが基本と思わせて、その実、人数差を作り出してからの殲滅が主目的となる。
捕虜救出は、チームが数的優位になりつつ、敵を殲滅しきれず手持無沙汰になった時にするくらいの意識で。

おすすめ装備:心拍センサー/スナップショットグレネード

ノックアウト

NEW プリズナーレスキューの互いに攻撃側のようなモード。

敵部隊を排除するか、パッケージを保持すれば勝利。リスポーンなし。チームメイトは互いに蘇生可能。

リスポーン無しだがチームメイトによる蘇生はあるため、サーチ・アンド・デストロイのように戦略性が高く、かつ気楽に楽しめる。
最後にパッケージを持っているチーム、もしくはどちらも持っていない場合は人数の多いチームが勝利となるため、劣勢でも大逆転がある。
最終盤に向けての判断がキモとなり、時間切れに近づくほど興奮が増す稀有なモード。

おすすめ装備:スティム、バトルレイジ

グラウンドウォー

EA『BATTLEFIELD』のコンクエストに似たモード
32人 vs 32人の車両が入り乱れる大規模ドミネーション。
ランチャーのレベル上げならここ。

おすすめ装備:ライトマシンガン、ランチャー

インベージョン

NEW BOTありの32人 vs 32人大規模チームデスマッチ。
BOTの降下ポイントが押さえられると美味しい。ただしBOTをいくらキルしてもデイリーチャレンジの「オペレーターキル」にはカウントされない。
スナイパーライフルなどの長距離武器のレベル上げに最適。

おすすめ装備:マークスマンライフル+高倍率スコープ&スポッタースコープ

サード・パーソン・モッシュピット

NEW 三人称視点モード。

新たな視点を求める人へ。注目プレイリストでサードパーソンモードをチェック! より広範囲を見渡せるため、付近にいる敵を捕捉しやすくなっている。さらに、肩越しのカメラ位置の切り替えや、エイム時に1人称視点に戻すことも可能。

チームデスマッチ、ドミネ―ション、ハードポイントのみ。「注目」から行ける。
これで3D酔いで諦めていた人もCoDが遊べる!
1人称視点では見えていなかった部分まで見えるため、別の戦術が必要となる。

バウンティ

スコアリミットに達するまで敵プレイヤーを排除すれば勝利。各チームで最もキル数が多いプレイヤーはHVTとしてマークされる。HVTは一定時間ごとに入れ替わり、キルすると追加ポイント。

プライベートマッチ専用モード。

コントロール

交互に目標を攻撃/防御せよ。

プライベートマッチおよびティア1専用モード。

サイバーアタック

EMP機器を回収し、敵のデータセンター付近に設置せよ。

プライベートマッチ専用モード。

 

クイックプレイ内モード

チームデスマッチ

消耗戦の訓練。敵プレイヤーを排除し、スコアリミットに到達すれば勝利。

通称「チーデス」「TDM」
キル数がデス数を上回れば勝ちのシンプルなモード。
オブジェクトが無いため、展開や敵の位置を把握しづらく、音が重要となる(ヘッドホンもしくはリアルサラウンド推奨)。怪しい場所ではしゃがみ歩きをし、時に大胆に駆け、メリハリをつけて動こう。
仲間と共に動くのが基本。1人倒してももう1人に倒されては何の貢献にもなっていないどころか、相手チームのキルストリーク分不利になる。倒すことより倒されないことを意識して。

フリー・フォー・オール

自分以外は全て敵。最初のプレイヤーがスコアリミットに到達するとゲーム終了。上位3名が勝者となる。

通称「フリフォ」「FFA」
全員が敵の個人戦チームデスマッチ。
基本は受けが強いが、一切絡まずに終わることにもなる。
あえて場所を明かし、それを狙いに来る者を優位ポイントから狙う等も。

おすすめ装備:バトルライフル+サイレンサー、アサルトライフル+サイレンサー、マークスマン+サイレンサー&ハンドガン X13 AUTO+サイレンサー

ドミネーション

目標を奪取、維持、防衛することでポイントを獲得せよ。先にスコアリミットに到達したチームが勝利。

通称「ドミネ」
陣地取り。3カ所の拠点を奪い合う。
有利な2カ所を抑えて、3カ所目は取りにいかず前線を作るのが基本。3カ所目はこのままいくと負ける場合、2カ所目を取るための陽動をする場合に踏みに行く。
プレイヤーの場所によってリスポーン位置が変わるため、一部ある圧倒的不利な拠点は陽動でも踏みに行ってはいけない。
知識がものを言う情報戦であり、戦略をどれだけチームで共有しているかがカギとなる。

おすすめ装備:アサルトライフル、サブマシンガン、ドリルチャージ、迫撃砲

サーチ・アンド・デストロイ

爆弾の起爆と解除を交互に行う。リスポーンなし。

通称「サーチ」
リスポーン無しのため個人の責任感が重く緊張感がすごい分、達成感を味わえる。
ジリジリと詰め合い、観察と推理で時に大胆に動くメリハリが重要。マップを覚えて侵攻ルート・防衛ポイントを把握してからが本番。
蘇生狙いの地雷などもあり。

おすすめ装備:センサーマイン/クレイモア、心拍センサー/スナップショットグレネード

ヘッドクォーター

司令部(HQ)の奪取に尽力し、守りを固めて防衛しろ。司令部(HQ)を制圧しているチームはリスポーン不可能。

通称「HQ」
一定間隔で出現する1ケ所の司令部(HQ)を取り合うモード。
司令部を制圧しているチームはリスポーン不可のため、制圧後は司令部内ではなく一歩引いた経路を押さえると良い。
今の拠点が終わりそうなタイミングでは、次の司令部の制圧を優先しよう。

おすすめ装備:アサルトライフル、ライトマシンガン、スナップショットグレネード/スティム

キルコンファーム

ドックタグを回収してチームのスコアを稼ぎ、敵のスコア獲得を阻止せよ。

通称「キルコン」
タグを拾うだけでポイントになるため、ハンドガンや苦手な武器のレベル上げに最適。
タグを拾わず餌に使うのもあり。敵も同様のことをしてくるため、目の前のタグに直進せず、どこに敵がいるか把握して安全なタグを優先して。
自分のタグを拾うとポイントが大きい。
移動速度が重要で、敵の索敵がおろそかになりがちなため、ハンドガンが活きる。
味方のいない所でタグが消えたら、そこには敵がいる。

おすすめ装備:ハンドガン+デュアル+多弾倉、ショットガン

ハードポイント

ハードポイントを奪取して攻撃から守れ。先にスコアリミットに到達したチームが勝利。

通称「ハーポ」
リスポーンありヘッドクォーター。『Call of Duty』らしさが凝縮されたモード
接敵機会が多く、オブジェクト絡みのポイントもあるため、最も経験値が稼げる。交戦距離が近いためサブマシンガンやショットガンが輝く。
なお拠点に絡まない場合はチームデスマッチ以下の稼ぎになる。
1人で制圧するとそれだけで450ポイント。タイミングを見て次々行くのが良い。

おすすめ装備:サブマシンガン PDSW 528・Fennec 45、クラスターマイン

 

ティア1モード

ティア1プレイリストで自分の力とスキルを試そう! オペレーターは低HP状態でHUDに制限がかかっており、従来のマルチプレイヤーと比べて、さらに挑戦しがいのあるモードとなっている。味方への誤射が有効になっているため、エイムの際は注意しよう! ティア1プレイリストを試して、XPをブーストするチャンスを狙おう!

いわゆるハードコアモード。
HUD制限あり、体力減、体力自動回復速度減、味方への誤射あり。

ティア1 チームデスマッチ

ティア1 ドミネーション

ティア1 サーチ・アンド・デストロイ

ティア1 ハードポイント

ティア1 ヘッドクォーター

ティア1 キルコンファーム

ティア1 フリー・フォー・オール

ティア1 コントロール